診療科・部門紹介

内科系

総合内科

特徴・特色

2016年度は1610例入院患者を内科で担当しました。
当院の常勤内科系診療科は内科、循環器科、消化器内科、心療内科・内分泌内科、透析科となっており内科はそれ以外の内科系診療科が担当しない疾患すべてを担当し、総合内科的に機能してきたのがこの10数年の内科の形になります。
担当する疾患群の内訳として感染症、呼吸器で約半数を占めますが、常勤診療科のある疾患群(循環器、消化器、代謝、腎)の症例のしめる割合は少なくなっています。神経疾患の経験数が少ないのはこの数年で脳血管障害の大多数を脳神経外科が担当するようになった為です。
膠原病科、血液内科は非常勤外来のみで入院で受け持つ疾患は少ないですが年数例の白血病などの血液内科へ紹介すべきケースは経験します。
当院の内科の特徴としては、上記の疾患群に分類できない・分類しにくい”その他”の割合が多い事です。上述のように他の内科系診療科では専門性をもってその分野を深く診療していますが、我々の内科に求められている事の1つは、その対局にある幅広い疾患をカバーする事です。従ってよくある疾患だけでなく、比較的珍しい疾患にも対応する能力が求められ、その為に日々研鑽をしています。

2016年度記憶に残る症例は下記になります。
連鎖球菌毒素ショック症候群 カンジダ血症 AIDS(ニューモシスチス肺炎) Osler病 セロトニン症候群 アレルギー性肉芽腫性血管炎 日本紅斑熱 成人still病 まむし咬傷 コリン作動性クリーゼ 粘液水水腫昏睡 甲状腺クリーゼ 尿素サイクル異常症 パラチフスの輸入感染症の兄弟例 Mollaret髄膜炎 コンパートメント症候群 メタノール中毒 塩酸ガス中毒 有機リン中毒 等

患者さんが有する疾患は1つではありませんし、医学的な問題の解決だけではうまくいかない事は多々あります。同時に複数の疾患を有し社会的な問題を有する患者さんにも対応するのが当院の内科のもう1つの専門性になります。

検査・治療実績

入院患者内訳

スタッフ

部長(肝臓内科) 松本 修一

琉球大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定医制度研修医指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会JMECCインストラクター
日本消化器病学会消化器病専門医
死体解剖資格認定医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医
日本病院総合診療医学会指導医
ACP(アメリカ内科学会会員)
日本旅行医学会認定医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本肝臓学会肝臓専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医

内科部長 児玉 亘弘

福井医科大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定医制度研修医指導医
日本内科学会総合内科専門医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
死体解剖資格認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医

医員 金山 泰成

福岡大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本肝臓学会肝臓専門医

医員 前田 隼輔

岩手医科大学卒業

医員 織田 兼知

熊本大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 吉村 亮彦

大分大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 中西 朗

福岡大学卒業

外来予定表

※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください

医療法人 徳洲会
福岡徳洲会病院

〒816-0864
福岡県春日市
須玖北
4丁目5番地

診療受付時間

平日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~
午後診療 13:30~16:00
受付13:00~
夕方診療 17:00~20:00
受付16:30~
土曜日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~

※受診科により、診療日・診療時間は異なります。詳しくは、外来予定一覧をご確認ください。
救急は24時間365日受付けております。
休診日/日曜日、祝日

お見舞いについて

病院指標
  • 健康診断人間ドック
  • がん治療センター
  • PET/CT
  • 治験のご案内
  • 徳洲会グループ
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • どんな場所でも生命だけは平等だ!