診療科・部門紹介

内科系

消化器内科

取り扱う主な疾患

消化管(胃・十二指腸・小腸・大腸)および胆道(胆嚢等)、膵臓疾患を取り扱います。 逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍、胃・大腸癌、胆嚢炎や胆管炎、膵炎などを主として炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)についても診療を行っております。

大腸早期癌

大腸拡大内視鏡

ピロリ菌診療について

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃に住み着く菌で1983年に発見されて以来、様々な病気の原因となることがわかっています。胃の病気だけではなく多岐にわたることから、全身の感染症ともいえます。日本ヘリコバクター学会は2009年に全てのヘリコバクター感染者に対して、除菌を行うことを強く推奨しました。これは胃十二指腸潰瘍の治療だけではなく、胃癌を始めとするピロリ菌に関連した様々な病気の治療や予防に役立つためです。これまで除菌療法は①胃十二指腸潰瘍、②早期胃癌の内視鏡治療後、③胃MALTリンパ腫、④血小板減少性紫斑病の4つの病気に限られていました。2013年2月末からピロリ菌感染者の慢性胃炎に対しても除菌療法が保険診療と適応となりました。気になる方はぜひ消化器内科外来をご受診ください。
※保険診療を行う上で、胃カメラで慢性胃炎を確認することが必須となります。

●受診の際の注意
①半年以内に人間ドッグや当院以外の医療機関でピロリ菌の検査をしていたり、胃カメラの検査を受けられ
 慢性胃炎と診断されている方は所見用紙を持参してください。
②原則的には、受診当日の胃カメラの検査は実施できません。

ヘリコバクター・ピロリ

ピロリ菌と関連があるもの

  • 胃炎、一部の逆流性食道炎
  • 胃十二指腸潰瘍、急性胃粘膜障害
  • 胃過形成性ポリープ:除菌で80%が消失
  • 胃悪性リンパ腫(MALT):除菌で70%が寛解
  • 胃癌:究極の目標は胃がんの根絶!!
  • 機能性ディスペプシア
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
  • 慢性蕁麻疹、動脈硬化症
  • 鉄欠乏性貧血

特色

苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査を心がけています。
鎮静剤・鎮痛剤の静脈注射を安全に配慮した使用、疼痛の少ない内視鏡スコープ機器の選択、二酸化炭素を用いた腹部膨満感の軽減等、必要な検査であればなんとか苦痛を軽減できるようにと努力しております。また、小さな腫瘍性病変でも見落とすことのないような、丁寧な検査を目標としています。
仲道部長は大腸内視鏡挿入についての造詣も深く、全国からの研修医師を受け入れている他、医師向けの書籍の執筆やブログの作成も行っています。

また、最新の拡大内視鏡診断や切開剥離法による内視鏡治療も積極的に行っています。早期の食道・胃癌や大腸癌は内視鏡治療で完治することも多い時代となってまいりました。検診で発見された癌は内視鏡治療で完治することも多く、是非ご相談下さい。

救急センターを通して24時間体制で地域救急医療に関わっています。消化管出血に対する内視鏡的止血術は九州でも屈指の件数があり、胆管炎に対する内視鏡的胆道ドレナージ術、大腸閉塞に対する大腸ステント留置術も行っています。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)に対しては白血球除去療法や抗TNF-α抗体製剤、在宅経管栄養、在宅中心静脈栄養にも対応し、全人的医療を心がけています。

新病院移転に伴い最新機器を導入、超音波内視鏡検査も行っています。
カプセル内視鏡、小腸スコープを購入予定です。

コメディカルスタッフには日本消化器内視鏡学会専門技師が5名在籍しており、内視鏡検査に使用した医療機器の洗浄・清潔管理に最新の対応を行っています。
日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会の指導施設です。

早期胃癌①

早期胃癌②

診療実績

 
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
上部消化管内視鏡検査数
4,899件
5,028件
5,645件
6,768件
6,881件
粘膜下層剥離術
24件
24件
33件
58件
58件
止血術
142件
153件
101件
193件
191件
異物除去
65件
92件
68件
74件
70件
下部消化管内視鏡検査数
2,274件
2,347件
2,692件
3,247件
3,215件
粘膜下層剥離
5件
22件
14件
28件
24件
大腸ポリープ切除(EMR)
237件
295件
363件
429件
458件
止血術
19件
36件
66件
53件
60件
大腸ステント留置術
9件
21件
12件
19件
十二指腸内視鏡検査(ERCP)
316件
334件
344件
322件
322件
内視鏡的乳頭切開術
97件
102件
13件
10件
26件
内視鏡的胆道ドレナージ術
224件
121件
239件
224件
222件

治療部位別内視鏡件数の年度別推移(2008~2016年度)

受診・検査に関する注意事項

外来診療は毎日(平日月~土、午前)実施しております。
朝食を絶食で来院された方は当日中に腹部超音波検査を実施することが可能です。ただし、予約状況によりお待ちいただく場合がございますのでご了承下さい。
胃カメラにつきましては当日検査が受けられない場合もございます。
大腸内視鏡検査は予約制の検査なので、まず消化器内科外来をご受診下さい。その際には絶食の必要は ありません。 鎮静・鎮痛剤の静脈注射下での検査をご希望される方は検査後に自動車・バイク・自転車の運転ができません。公共交通機関等の利用をご考慮下さい。
定期内服薬のある方はお薬手帳をご持参下さい。診療の参考にさせていただきます。

早期大腸癌内視鏡切除後(マクロ写真)

スタッフ

消化器内科主任部長 仲道 孝次

高知医科大学卒業
日本内科学会認定医制度研修医指導医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医

仲道 孝次

消化器内科部長 阿部 太郎

自治医科大学卒業
日本内科学会認定医制度研修医指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医

阿部 太郎

消化器内科医長 福田 容久

帝京大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会消化器病専門医

医員 増谷 勇太

福岡大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 本里 健一郎

川崎医科大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 谷川 祐二

産業医科大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会H.Pylori(ピロリ菌)感染症認定医

医員 大岩 恵祐

三重大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会H.Pylori(ピロリ菌)感染症認定医

医員 篝 健司

熊本大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 河野 通史

川崎医科大学卒業
日本内科学会認定内科医

医員 佐藤 諒

福岡大学卒業

外来予定表

※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください

医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院

代表 092-573-6622

〒816-0864
福岡県春日市
須玖北
4丁目5番地
  • 交通アクセス

診療受付時間

平日 午前診療 9:00~12:00
(眼科は11:30まで)
受付7:45~
午後診療 13:30~16:00
受付13:00~
夕方診療 17:00~20:00
受付16:30~
土曜日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~

※受診科により、診療日・診療時間は異なります。詳しくは、外来予定一覧をご確認ください。
救急は24時間365日受付けております。
休診日/日曜日、祝日

  • 外来予定一覧表
  • 外来診療のご案内

お見舞いについて

  • お見舞いに来られる方へ
病院指標
  • 健康診断人間ドック
  • がん治療センター
  • PET/CT
  • 治験のご案内
  • 徳洲会グループ
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • どんな場所でも生命だけは平等だ!