診療科・部門紹介

小児科

小児科・新生児科

特色

一般小児医療、救急小児医療、新生児医療と小児に関するあらゆる疾患に対応している。
小児科専門医研修施設および周産期専門医研修施設としての認定を受けている。

症例数・治療・成績

入院患児数およびER搬入患児数の変遷
小児科 新生児科 ER救急搬入
小児例
救急搬入
総数
休日受診数
(平均/日)
H20 1,198   358   862   8,555   147.6  
H21 1,162   279   922   8,504   221.7  
H22 1,312   318   1,010   9,645   142.4  
H23 1,158   314   1,117   10,192   184.4  
H24 1,123   355   1,135   10,242   183.9  
H25 986   362   1,016   9,954   180.8  
H26 1,017   371   1,176   10,487   176.0  
H27 1,302   311   1,231   10,705   176.7  
H28 1,133   380   1,221   10,012   173.0  

主な疾患別ER搬入件数
  H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
熱性けいれん 370   408   447   481   394   381   466   540   534  
てんかん、及び他に
分類されない痙攣
84   84   137   137   187   116   108   120   142  
感染症と推定される
下痢及び腸炎
36   23   44   48   23   33   48   42   46  
急性鼻咽頭炎
(風邪、感冒)
47   44   30   22   15   13   27   25   25  
不明の発熱 21   10   24   27   40   41   39   38   25  
便秘 16   23   40   21   12   26   23   36   25  
インフルエンザ 18   77   3   18   13   11   17   19   27  
気管支喘息 19   9   14   14   14   17   9   16   11  
悪心及び嘔吐 10   14   21   13   16   30   19   21   18  
急性閉塞性喉頭炎及び
喉頭蓋炎
23   9   14   19   17   6   12   12   27  
消化管異物 10   3   10   18   16   18   18   20   13  
気道内異物 5   4   8   8   3   3   6   3   5  
タバコ及びニコチン 1   1   2   1   6   3   3   2   3  
急性気管支炎、肺炎 4   3   3   22   30   14   7   19   19  
  総数 862   922   1,010   1,117   1,135   1,016   1,176   1,231   1,221  
  ERより
  入院となった数
170   152   200   173   265   120   135   170   152  
  小児科入院総数 1,198
(8)
1,162
(0)
1,162
(6)
1,158
(8)
1,123
(3)
986
(1)
1,017
(2)
1,302
(7)
1,221
(6)

( )死亡

ER搬入症例(その他の緊急度の高い疾患)
  H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
SIDS・ALTE
(疑い症例も含む)
2(1) 3(3) 1(1) 0(1) 0   0   2(2)  0   2  
アナフィラキシー 4   5   11(1) 10   13   10   16   21   16  
溺死、
死に至らない溺水
4(1) 0   1(1) 1   1   3   2(1)  3   5(1)
一酸化炭素の
毒作用
1   1   0   1   0   0   1(1)  0   0  
心筋炎 0   0   0   0   0   0   0   0   0  
不整脈 2   0   0   0   0   0   0   4   0  
Child Abuse
(虐待(加害)による外因(溺水等)含む)
0   0   0   1(1) 1   0   0   0   0  
その他の疾患 6(6) 1(1) 3(3) 7(7) 3(3) 2(2) 6(6) 4   6(6)

( )死亡

最近の小児科の実績

学会・研究会発表

第120回日本小児科学会学術集会
2017年4月14日~16日

B型インフルエンザ後に激しい全身の疼痛と血清CRPの上昇を認めた男児の1例

田尻崇人、畠山邦也、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、平田雅昭

バルプロ酸とアトモキセチンの使用によって引き起こされた薬剤性肝障害

黒川智美、畠山邦也、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、山根一郎、平田雅昭

肺炎マイコプラズマとパルボウィルスB19の重複感染による川崎病様症候群

土持皓平、畠山邦也、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、平田雅昭

第492回日本小児科学会福岡地方会例会
2016年12月10日

流行性耳下腺炎に罹患して4ヶ月後に発症し、ムンプスIgM抗体が陽性であった免疫性血小板減少性紫斑病の1例

藤崎智礼、畠山邦也、市川淳、黒川智美、喜多修久、諸岡雄也、平田雅昭

第491回日本小児科学会福岡地方会例会
2016年10月8日

MRI全身拡散強調背景抑制画像(DWIBS)と骨シンチグラフィが診断に有用であった仙腸関節炎の1例

田尻崇人、畠山邦也、田中郁百、田中仁悟、土持晧平、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、平田雅昭

第16回九州・沖縄小児救急医学研究会
2016年8月6日

扁桃周囲膿瘍に咽後膿瘍を併発し、呼吸障害をきたした乳児例

田中郁百、渡邉能久、田尻崇人、土持晧平、東泰幸、喜多修久、諸岡雄也、山本剛、畠山邦也、平田雅昭

第119回日本小児科学会学術集会
2016年5月13日~15日

ナファゾリン含有外用殺菌消毒薬を誤飲した3例

喜多修久、畠山邦也、諸岡雄也、渡邊能久、山本剛、平田 雅昭

便培養で繰り返し病原性大腸菌O6を検出した川崎病の1例

松尾陽、畠山邦也、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、山本剛、平田雅昭

Amoxicillinに対するDLSTが陽性であったHHV-6初感染の乳児例

東泰幸、畠山邦也、喜多修久、諸岡雄也、渡邉能久、山本剛、平田雅昭

原著論文

NEUROINFECTION

Multivirus real-time PCRによって診断できたヒトパルボウイルスB19脳炎の1例
Vol.22 No.1 p144-149 2017年

諸岡 雄也 他

スタッフ

小児科主任部長 平田 雅昭

福岡大学卒業
日本小児科学会小児科専門医

平田 雅昭

小児科部長 畠山 邦也

群馬大学卒業
日本小児科学会認定小児科指導医
日本小児科学会小児科専門医
小児栄養消化器肝臓認定医

小児科医長 松本 隼人

産業医科大学卒業
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会暫定代表指導医

小児科医長 山根 一郎

九州大学卒業
日本小児科学会小児科専門医

小児科医長 遠藤 久

山口大学卒業

医員 西村 良美

熊本大学卒業
日本小児科学会小児科専門医

医員 渡邉 能久

熊本大学卒業

医員 諸岡 雄也

川崎医科大学卒業

医員 喜多 修久

熊本大学卒業

医員 加倉 寛也

福岡大学卒業

非常勤 村松 和彦

九州大学卒業
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会新生児指導医
外国医師臨床修練指導医

外来予定表

※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください

医療法人 徳洲会 福岡徳洲会病院

代表 092-573-6622

〒816-0864
福岡県春日市
須玖北
4丁目5番地
  • 交通アクセス

診療受付時間

平日 午前診療 9:00~12:00
(眼科は11:30まで)
受付7:45~
午後診療 13:30~16:00
受付13:00~
夕方診療 17:00~20:00
受付16:30~
土曜日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~

※受診科により、診療日・診療時間は異なります。詳しくは、外来予定一覧をご確認ください。
救急は24時間365日受付けております。
休診日/日曜日、祝日

  • 外来予定一覧表
  • 外来診療のご案内

お見舞いについて

  • お見舞いに来られる方へ
病院指標
  • 健康診断人間ドック
  • がん治療センター
  • PET/CT
  • 治験のご案内
  • 徳洲会グループ
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • どんな場所でも生命だけは平等だ!