採用情報

専攻医

専攻医科目のご案内

当院は、以下の専門研修基幹施設です。

福岡徳洲会病院 外科専門研修プログラム

はじめに

基幹施設:
福岡徳洲会病院
連携施設:
  • 福岡大学病院
  • 大隅鹿屋病院

外科医を志す皆さま。福岡徳洲会病院外科専門研修プログラムへようこそ。当プログラムでは、年間1000例を超す一般外科、心臓血管外科の手術症例を背景に外科専門医を目指す皆さまに3年間で外科専門医を取得していただく事ができます。

外科専門医制度と外科医のキャリアパス

まず、本邦における外科の専門医制度について解説します。外科専門医は専門医制度においては”基本領域専門医”に位置づけられています。基本領域である”外科専門医”を取得したら次にその上のレベルとして、心臓血管外科専門医、呼吸器外科専門医、消化器外科専門医、小児外科専門医などのサブスペシャルティ領域の専門医資格があります。 この専門医制度では、専門医研修開始後3年、即ち初期研修開始後5年で基本領域専門医(=外科専門医)を取得することを目標としています。 そして、さらに2~3年間のサブスペシャルティ修練の後しかるべき試験に合格してサブスペシャルティ領域の専門医が取得できることになります。消化器外科では、そのさらに上の段階として食道外科専門医制度、内視鏡外科技術認定制度や肝胆膵外科高度技能専門医制度などの超専門領域の資格認定制度があります。

福岡徳洲会病院外科専門研修プログラムの特徴は以下の通りです。

1. 年間1,000例を超す豊富な手術症例
2. 外科の全領域をカバーする充実した外科修練環境
3. 救急病院の特徴を生かし、重症体幹部外傷手術の経験も可能
4. 徳洲会グループの特徴を生かし九州、沖縄圏内の離島医療も経験できる
5. 福岡大学との連携により外科専門医取得後のサブスペシャルティ修練や大学院への進路も可能

外科専門研修の実際

福岡徳洲会病院外科研修プログラムでの3年間のローテートにおける研修内容と予想される経験症例数を下記に示します。どのコースであっても内容と経験症例数に偏り、不公平がないように十分配慮します。 また、専門研修1年目に3か月間の離島・僻地の病院での研修もあります。
研修期間は3年間としていますが、習得が不十分な場合(未終了)は習得できるまで期間を延長することができます。一方で、カリキュラムの技能を習得したと認められた専攻医には、積極的にサブスペシャルティ領域専門医取得に向けた技能教育を開始し、また大学院進学希望者には、臨床研修と平行して研究を開始することができます。

専門研修1年目 (卒後3年目)

1. 一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
   経験症例200例以上 (術者30例以上)
2. 3か月間の離島・僻地診療経験

専門研修2年目 (卒後4年目)

一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
経験症例350例以上/2年 (術者120例以上/2年)

専門研修3年目 (卒後5年目)

外科専門医試験受験 の年です。
不足症例に関して各領域をローテートします。

福岡徳洲会病院外科専門研修プログラム 年間NCD手術症例数(2015年)
外科領域区分 NCD 手術症例数(/年)
1. 消化管および腹部内臓 785
2. 乳腺 40
3. 呼吸器 60
4. 心臓・大血管 75
5. 末梢血管(頭蓋内血管を除く) 75
6. 頭頸部・体表・内分泌外科(皮膚、軟部組織、顔面、 
唾液腺、甲状腺、 上皮小体、性腺、副腎など)
50
7. 小児外科 50
1135
上記1~7の分野における内視鏡手術(腹腔鏡、胸腔鏡) 425

(サブスペシャルティ領域などの専門医連動コース)
福岡徳洲会病院や福岡大学病院でサブスペシャルティ領域
(消化器外科,心臓・血管外科,呼吸器外科,小児外科)または外科関連領域(乳腺など)の専門研修を開始します。
(大学院コース)
大学院に進学し,臨床研究または学術研究・基礎研究を開始します。ただし,研究専任となる基礎研究は6か月以内とします。(外科専門研修プログラム整備基準5.11)

研修の週間予定表

 
7:30 - 8:00
入院報告、術後症例検討会
8:00 - 8:45
病棟多職種カンファレンス
         
8:00 - 8:45
教育カンファレンス・抄読会
         
8:00 - 8:45
総廻診
         
8:00 - 8:45
医局会
         
9:00-12:00
外来
9:00 - 12:00
病棟廻診
9:00 - 17:00
手術
16:00 - 17:00 
合同腫瘍カンファレンス
         
16:00 - 17:00
術前症例検討会
         

外科専門医を取得した後は・・・

福岡徳洲会病院に残り更なる修練を積みサブスペシャルティー専門医取得を目指す路、大学外科教室に入局し大学院進学や臨床研究を追及する路、国内外の有名施設に入り専門領域の外科技術の習得を目指す路など各々の希望に従って進路が分かれていきます。さらに、外部施設で数年のトレーニングの後、専門的技術、知識を身に着け(卒後10年目以降に)福岡徳洲会病院にスタッフとして凱旋される人もいます。
また、当院は外科専門研修の基幹施設であると同時に福岡大学の関連施設でもあるため、福岡大学消化器外科や呼吸器・乳腺・小児外科への入局を希望される方には橋渡しをいたします。

専攻医プログラム

福岡徳洲会病院 外科専門研修プログラム
https://www.jssoc.or.jp/procedure/specialist-new/20170823_pdf/187.pdf


ページの先頭へ

医療法人 徳洲会
福岡徳洲会病院

〒816-0864
福岡県春日市
須玖北
4丁目5番地

診療受付時間

平日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~
午後診療 13:30~16:00
受付13:00~
夕方診療 17:00~20:00
受付16:30~
土曜日 午前診療 9:00~12:00
受付7:45~

※受診科により、診療日・診療時間は異なります。詳しくは、外来予定一覧をご確認ください。
救急は24時間365日受付けております。
休診日/日曜日、祝日

お見舞いについて

病院指標
  • 健康診断人間ドック
  • がん治療センター
  • PET/CT
  • 治験のご案内
  • 徳洲会グループ
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • どんな場所でも生命だけは平等だ!