福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

がん治療センター 緩和ケア部

特徴・特色

当院での緩和ケアは「生命を脅かす病気をかかえる患者とその家族に対し、痛みの緩和や、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に対して評価を行い、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで生活の質を改善するための治療である。」を理念とし、対象の患者様の治療、相談、自宅退院や緩和病棟への転院に向けた情報を提供しています。

当院では、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床心理士、栄養士、医療ソーシャルワーカーからなるチームを形成し「がんサポートチーム」として活動を行っています。

各科の主治医がいますので、がんサポートチームだけで治療を行うことはなく、主治医の先生と話をしてさまざまな苦痛を取り除くのによりよい方向に向かえるよう、話し合いをしながら治療を行っていただくよう提示しております。このサポートは入院の患者様だけなく、外来通院中の患者様も対象になっております。

対象となる疾患

以前は治療による回復が望めなくなった終末期にある癌患者様やその家族が対象となることが多くみられました。しかしながら、終末期のみのケアだけでは多様化する治療や社会背景についていけず、十分な緩和ケアが出来ないことがしばしば見られるようになりました。

今では、癌告知や治療開始の時点でのインフォームド・コンセントや治療・延命処置も含めた、身体的苦痛や心理的・精神的苦痛、就労などの社会問題に積極的に対処する包括的アプローチでのケアに変遷しています。

  • 治療の対象はほとんどが各種進行癌の患者様
  • また末期心不全や、末期肝硬変など癌以外の患者様へのサポートもいたします。

当院のがんサポートチームは入院のためのベッド(いわゆるホスピス病棟)がありません。そのため、患者様の日常生活を向上させるための入院設備が整っているホスピスへは、周囲の病院と連携を取りながら緩和ケアを行うようにしています。平成28年度は39名の方が、平成29年には37名の方に(H29.10月時点)近隣のホスピスでの治療をお願いいたしました。

基本的にはがんサポートチームの介入は主治医からの連絡が入り次第となります。癌によるつらさなどありましたら、担当医もしくは担当看護師に相談ください。

外来予定表


※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください。