福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

看護部ブログ

看護の職場や出来事を掲載します。福岡徳洲会病院 看護部ブログです。

2019/07/19 ふれあい看護体験

令和元年7月19日、「ふれあい看護体験」が開催され近隣の高校生20名が参加されました。ふれあい看護体験の目的は、これからの社会を担っていく高校生に実際の看護の場を提供し、看護の心を理解してもらう、看護に興味をもってもらうことです。私たち看護師も初々しく目をキラキラさせた高校生に看護を語る場を通して、看護の素晴らしさを改めて感じることができました。
ふれあい看護体験後に高校生が考えた川柳をご紹介します。「看護師の歩く速さに驚いた(^^)」こんな風に見えていたのですね。ともに看護できる日を楽しみに待っています。

ふれあい看護体験

2019/07/11 ラダーⅠ「トランスファー」

本日は、リハビリテーションセンターで、PTによる車いす移乗やボディメカニクスなど専門的知識を含めた講義と演習が行われました。両下肢骨折や麻痺患者の演習は、日々の看護ケアにつながったのではないでしょうか。また、多職種から講義を受けることで連携にもつながる機会のひとつになったことと思います。

2019/07/08 ラダーⅡ「フィジカルアセスメントⅡ」

今回の研修では、呼吸を中心にした看護ケア、事例展開の講義が行われました。講師は、当院の集中ケア認定看護師S氏です。研修を受けて、異常を早期発見し重症化を防ぐためには、普段から五感を磨き正常な呼吸音を聴く訓練を行うなどプロとしての心構えを再認識したようでした。

2019/07/02 看護補助者研修

当院で勤務する看護補助者に対して看護補助者研修が行われました。
テーマは「介護技術・移動移乗の介助」
講堂にベッド7台を持ち込みグループに分かれて患者役・介助者役となり実際に移動・移乗を行いながらボディメカニクスの基本を学びました。
患者さんに対する声かけなども教授され、実践的なシミュレーション研修でした。
「とても分かりやすくまた受講したい」「現場に生かせる内容でよかった」といった感想が聞かれました。

看護補助者研修

2019/07/01 退院支援ナース必須研修 意思決定支援第1回

第1回の研修は、熱意ある講師(訪問看護認定看護師H氏)の話や自宅で看取りをされた家族、胃瘻除去を決定した家族のDVDなどとても心に響く内容でした。今後の看護にいかしたいと感銘を受けた受講者が多かったです。また、「もし自分が余命半年という設定で何を大切にするか」というテーマを語り合う時間がありました。日々の日常でそのようなことを考える時間があまりないので、自分の考えや他者の考えを聞き、とても良い機会になったのではないかと思いました。