福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

がん治療センター 放射線治療部

がん治療のご案内

放射線治療とは、体外や体内から放射線を照射することによりがん細胞を死滅させる治療です。がん細胞は”遺伝子の病気”と呼ばれ細胞分裂に制御が利かない状態です。がん細胞の弱点は、放射線を照射することにより遺伝子の修復ができなくなり、がん自体が死滅することです。がん細胞のみに限局して放射線をあてることができれば、副作用をできる限り小さくして治療効果をあげることができます。当施設では、最新の放射線治療装置を導入し、腫瘍に限局して放射線を照射できる強度変調放射線治療(IMRT)※1画像誘導放射線治療(IGRT)※2、必要なら呼吸同期を用いて高精度放射線治療※3を実施しています。

※1 IMRTとは、悪性腫瘍に限局して放射線を照射できる治療法です。コンピューター制御により放射線の強さを高い精度で変化させて腫瘍に集中させ、腫瘍周囲の正常組織の線量を小さくする治療です。

※2 IGRTとは、患者さんのCT画像情報をもとに、治療位置誤差を補正して、放射線照射を行う技術です。

※3 治療目的とする標的を三次元で立体的に、或いは、更に四次元的に時間的動きを考慮に入れて、周囲の正常組織への副作用を最小限にとどめながら、効率的にがん細胞を攻撃していく方法です。

放射線治療装置 (TrueBeam STx with Novalis)X線を用いてがんを治療する装置

(a) 従来の線量分布

(b) IMRTの線量分布

(a) では、腫瘍にX線を照射できますが、直腸や膀胱の一部に線量が入ります。しかし、(b) では直腸や膀胱の線量を減らすことができるので副作用が大幅に低下します。

診療案内

医師は日本放射線学会専門医および認定医であり、幅広くがん治療に取り組んでいます。放射線治療の高い専門知識と技術を有する技師・医学物理士および看護師と協調してチーム医療を実践しています。特に、前立腺がんに対し画像誘導を用いた位置合わせによるIMRTや肺がんなどの呼吸移動を伴う腫瘍に対する呼吸同期照射、脳転移などへのピンポイント定位放射線治療などを積極的に行っています。対象とする疾患は、前立腺がん、乳がん、子宮がん、肺腫瘍、頭頚部腫瘍、脳腫瘍をはじめとする悪性腫瘍全般です。小線源治療については、九州がんセンターあるいは九州大学病院、福岡大学病院と連携して治療しております。

午前 初診 初診 初診 初診 初診
午後 治療計画 治療計画 治療計画 治療計画 治療計画

休診日:土曜日、日曜日、年末年始
初診受付時間:9:00-11:00

※ 緊急(Oncologic Emergency)の場合には直接放射線治療部にご連絡下さい。

予約方法

お申込み

当院の医療連携室にお電話でお申込みいただきます。ご来院の日時をお知らせ下さい。また、痛みが強い場合や緊急性があると思われる場合には直接腫瘍医の先生に連絡することがあります。

放射線治療依頼書の作成

当院のがん治療センターホームページから入って、放射線治療の申込みをダウンロードしていただきます。各医療機関で放射線治療の依頼書の作成をお願い致します。

受診

予約時間の10分前までに受診する診療科へ直接おいで下さい。

再診の予約

再診のご予約については、「医療連携室」(電話 092-573-6622内線(3407))へ直接ご連絡下さい。また、予約に変更がある場合も事前にご連絡下さい。

放射線治療手順

診察

放射線治療専門医が診察を行い、検査結果に基づいて適切な治療法についてご説明します。ご説明に関しては、患者様だけでなくご家族の方々ともお話しを行い、不安がないように努めてまいります。看護師から放射線治療を行うときの照射方法等についての説明、治療中の注意事項などをお伝えします。また、最後まで治療が実施できるように必要に応じて面談を行い、精神的なサポートを行います。

治療計画用CTおよびMRI撮影
固定具の一例

(c) 固定具の一例

治療計画では患者様のCTやMRI撮影を行います。この撮影は病巣に対して放射線を当てるための治療計画に使用します。このとき 照射方法によっては右図(c)の固定具を作成します。この固定具は、治療する部位を安定させて正確に照射を行うために用います。

治療計画

治療計画CTおよびMRIをもとにして、がんの範囲に対して治療計画の線量分布を作成します(右図(d)(e))。がん病巣を特定するためにCT画像以外にMRIあるいはPET-CT画像を用いることもあります。できるだけ、がん病巣に線量を集中させ正常組織の線量を抑える理想的な照射方法を選択するため、計画に日数を要する場合があります。

(d) 治療計画例(肺定位放射線治療)

(e) 線量分布例(IMRT)

治療方針の決定(カンファレンス)

放射線治療専門医・技師・看護師・医学物理士・メディカルスタッフによるカンファレンスを行い、治療方針、線量分布など放射線治療に関する議論とチェックを行います。

放射線治療の開始

放射線治療回数は、がんの病理診断や進行度,全身状態,合併症等により変わります。放射線治療は、月曜から金曜日の毎日実施します。

診察

日々の治療中の反応や副作用について診察を行います。

放射線治療の効果をより高めるための治療

図(a) 温熱療法装置Thermotron(RF-8)

図(a) 温熱療法装置Thermotron(RF-8)

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法とは、悪性腫瘍が熱に弱いという性質を利用して、腫瘍を縮小させるものです。その原理は、病巣部を中心に体表から対の電極板で体部をはさみ、ラジオ波を用いて深部局所を選択的に加温します(右図(a))。日本においては、1980年代頃から温熱療法が実施されていますが、加温部以外のがん細胞の縮小効果があるケースも報告されています。現在、温熱療法と化学療法、放射線療法の併用が進められ、治療効果の向上が期待されます。

図(b) 高圧酸素治療装置セクリスト(Model 3300HJ)

図(b) 高圧酸素治療装置セクリスト(Model 3300HJ)

高気圧酸素療法

高気圧酸素治療は、大気圧より高い気圧環境の中で、酸素を吸入することにより病態の改善を図ろうとする治療です。たとえば、体内酸素量が増加することで、生体内の循環障害や低酸素状態が改善されます(右図(b)) 。一方、悪性腫瘍は正常組織よりも高圧酸素下で放射線の感受性が高くなることから、放射線治療で相乗効果が期待されます。

診療実績

年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
新患者数(人数) 48 120 146 129 135
総照射件数 1,187 4,893 5,219 3,778 4,225
治療計画件数 142 564 654 524 542
脳定位放射線治療(人数) 2 2 2 4 5
肺定位放射線治療(人数) 3 7 11 10 9

※平成26年12月1日から放射線治療を開始、IMRTは平成28年4月1日より保険適応として開始

主な設備・検査

リニアック治療装置 (4,6,10MVX線,電子線)
IMRT(VMAT), IGRT, 脳および体幹部定位放射線治療,術中照射対応
1台
放射線治療専用CT (16列)
1台
放射線治療専用MR (1.5 テスラ)
1台
放射線治療計画装置
4台
定位放射線治療計画装置(Novalis)
1台
超音波診断装置
1台
呼吸同期装置
2台
画像ワークステーション(MIM)
1台

がん相談外来

がんの悩みには診断、治療、治療後の骨転移、臓器再発、疼痛や心の痛みなど心身の痛みにどのように対応したら良いかお悩みの方々のための窓口相談コーナーです。特に、がんの再発・転移※とこれらに随伴する骨、リンパ節、局所再発による症状の緩和については積極的に相談を受けてます。
受診は予約制であらかじめ相談内容の資料を御連絡頂くことになります。

  • 受付時間:月曜日~金曜日(祝日除く)13時~15時
  • 連絡窓口:医療連携室

※「がん転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所から、血液やリンパ液の流れに乗って別の臓器や器官へがんが移動し増えることです。この転移にはリンパ液の流れが集まるリンパ節への転移と肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所への転移があります。これらの転移をCTやMRIの画像、PET-CT等で診断して治療を実施します。また、「がんの再発」とは、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、抗がん剤治療や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなることです。右図は放射線治療前後にPET-CT検査を実施した患者さんです。図(f)の黄色点線で囲まれた矢印の部位を治療することで、図(g)はPETによる集積がなくなり、治療効果が認められました。これらのがん治療は、適切に治療することでがんの進行を抑制、除痛効果により生活の質(QOL)を高めることができます。

(f) 点線内に放射線治療

(g) 治療4ケ月後 がん消失

放射線治療前後のPET-CT検査の比較

お問い合わせ

【治療に関すること】

放射線治療部 092-514-6112(直通) 受付時間 平日8:30~17:00 0120-565-783

【初診・再診・予約・予約の変更・がん相談外来】

医療連携室 092-573-6622(代表) (内線 3407)

スタッフ

医師

こちらをご覧ください

看護師

  • 野口 恵(主任)
  • 柴田 さおり (専任看護師)
  • 小手川 仁美
  • 馬原 亜紀
  • 土方 美栄

技師

  • 穴井 重男(技師長) 診療放射線技師, 放射線治療専門技師,医学物理士, 第1種放射線取扱主任者, 工学博士
  • 目加多 正人(副技師長) 診療放射線技師, 医学物理士, 第1種放射線取扱主任者
  • 村上 正剛 診療放射線技師, 第1種放射線取扱主任者
  • 松永 裕幹 診療放射線技師, 放射線治療専門技師
  • 村上 亮 診療放射線技師
  • 大石 優樹 診療放射線技師

メディカルクラーク

  • 天本 愛美(医療事務補助)