福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

歯科

特徴・特色

総合病院の歯科として、一般の開業歯科医院では治療が難しい症例を対象とした診療に取り組んでいます。入院されている患者様や、さまざまな全身疾患を持つ患者様の歯科治療が中心になります。形成外科と協力して、顎の骨折などの外傷にも対応しています。また、地域歯科医院と連携して、親知らずの抜歯などの難抜歯も積極的に行っています。

主な診療内容

周術期口腔ケア
手術を受けられる患者様は、口腔内を清潔にしておかないと、口腔内の細菌が原因でさまざまな術後感染症を引き起こすことがあります。手術前後の患者様の口腔内を清潔に保ち、重度のむし歯や歯周病などの感染源を手術前に治療します。
有病者歯科治療
高血圧症や糖尿病、心疾患、腎臓病などの全身疾患を持つ患者様の歯科治療は、適切に全身状態を評価し、必要なモニタリングをしながら慎重に行わなければなりません。全身状態を管理する専門の歯科医師による診療を行っています。
難抜歯
歯肉や骨に埋まっている歯や、歯根が顎の大きな神経の近くにある歯の抜歯には、術前のCT検査や高度な抜歯技術が必要になります。地域歯科医院からの抜歯依頼により難抜歯症例に対応しています。
外傷など
・骨折
交通事故や転倒などで顎を強打した場合、顎の骨が折れることがあります。レントゲン写真やCT検査で骨折が判明すれば、形成外科と協力して治療を行います。ブラケット(歯面に取り付ける矯正用の装置)を装着して上下の顎を固定し、噛み合わせを改善します。
・歯の脱臼
歯をぶつけて抜けてしまった、あるいは埋まり込んでしまったという場合は、歯を元の位置に戻して固定します。乳歯の場合は、固定しなくてよいこともあります。
・顎関節脱臼
口が開いたまま閉まらなくなってしまった場合は、顎の関節がはずれている可能性があります。できるだけ迅速な徒手整復を行います。
急性炎症
急に頬が腫れて強烈な痛みがある、口の中に膿が出てきているという場合は、歯が原因の急性炎症かもしれません。抗菌剤や消炎鎮痛剤を使用して炎症を抑え、切開して膿を出します。また、原因になった歯の処置も必要になります。
がん検診
なかなか治らない口内炎や口の中のできものが気になる場合は、できるだけ早めにご相談下さい。必要な場合は、口腔がん治療を専門に行っている大学病院をご紹介することもあります。

担当医の紹介

怡土 信一
  • 歯科部長
  • 怡土 信一(イト シンイチ)
役職 歯科部長
資格・専門医 日本歯科麻酔学会認定医
日本歯科麻酔学会専門医
AHA(アメリカ心臓協会)BLSコースディレクター・インストラクター
出身大学 九州大学歯学部卒
  • 非常勤
  • 細川 瑠美子(ホソカワ ルミコ)
役職 非常勤
資格・専門医 日本口腔外科学会認定医
日本歯科麻酔学会認定医
出身大学 九州大学医学部卒

スタッフの紹介

  • 歯科衛生士 中嶋 寛子
  • 歯科衛生士 中村 早苗

外来予定表


※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください。