福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

耳鼻咽喉科

取り扱う主な疾患

耳鼻咽喉科では「みみ」・「はな」・「のど」および「くび」にまつわるさまざまな不都合に対処します。これらの器官は、感染・外傷・アレルギー・腫瘍などが原因で、本来の機能を発揮できなくなったり、痛んだり腫れたりすることがあります。そんな状態でお困りの患者様が元気になるお手伝いをするのが耳鼻咽喉科です。以下に当院で取り扱っている主な疾患を示します。

部位症状・病名
耳とその周辺の病気難聴
めまい
急性・慢性中耳炎
滲出性中耳炎
顔面神経麻痺(顔の動きの麻痺)
鼻とその周辺の病気嗅覚障害
アレルギー性鼻炎
急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
鼻出血
のどとその周辺の病気味味覚障害
嚥下障害(飲み込みの障害)
音声障害(声帯ポリープなど)
急性・慢性扁桃炎
のどの異物(魚の骨など)
くびとその周辺の病気耳下腺の炎症・腫瘍
顎下腺の炎症・腫瘍
甲状腺の炎症・腫瘍
リンパ節の炎症・腫れ

診療科の特色

当院は日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設であり、耳鼻科専門医が常勤し、救急疾患から慢性疾患まで幅広く対応します。また補聴器が必要な患者様に対しては、補聴器相談医の資格をもつ専門医が装用のアドバイスをいたします。

突発性難聴をはじめとする急性難聴に対して標準治療に加えて積極的に高気圧酸素治療を実施しています。
副鼻腔炎の手術に関しては内視鏡を用いた低侵襲手術が可能で、かつて行われていた口の中からの手術に比べて、術後の顔の腫れはほとんど起こりません。
小児の鼓膜チューブ挿入術に対しては、疾患によっては麻酔科と協力して日帰り手術にも積極的に対応しています。

治療実績

2018年

1月2月3月4月5月6月7月
外来数8497891,006794769760676
紹介件数948010510610612094
入院数361288422388301322344
平均在院日数8.07.68.36.97.47.67.1
手術数20162815101518
嚥下評価数14223526292214
8月9月10月11月12月平均
外来数895706730720663779.8
紹介件数11410294997599.1
入院数383332396304305345.5
平均在院日数6.16.77.67.48.07.4
手術数3012151614209
嚥下評価数2713182511256

担当医の紹介

  • 耳鼻咽喉科部長
  • 宮城 司道(ミヤギ モリミチ)
役職 耳鼻咽喉科部長
資格・専門医 日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医・補聴器相談医
日本気管食道科学会専門医(咽喉系)
出身大学 福岡大学卒
  • 耳鼻咽喉科医長
  • 田畑 貴久(タバタ タカヒサ)
役職 耳鼻咽喉科医長
資格・専門医 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
出身大学 産業医科大学卒
  • 医員
  • 佐藤 晋(サトウ ススム)
役職 医員
資格・専門医 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
出身大学 福岡大学卒
  • 医員
  • 坂田 健太郎(サカタ ケンタロウ)
役職 医員
出身大学 福岡大学卒

外来予定表


※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください。