福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

泌尿器科

特徴・特色

筑紫地区、福岡市南部医療圏における泌尿器科疾患の全般にわたって治療を行っています。
特に腎尿管結石については体外衝撃波破砕術を1988年より開始し、県外からの紹介患者も含め多数(10,000例以上)治療してきました。

他にも腎尿路腫瘍については治療後の生活の質を重視した検討を行い、診断治療の成績向上に努めています。
排尿障害については前立腺肥大症に対する内視鏡手術や尿失禁に対する防止術などを積極的に行っています。
また腎腫瘍や副腎疾患などに対する腹腔鏡下手術も行っています。

症例数・治療・成績

年間入院患者は約600人。手術件数は体外衝撃波破砕術を含め約700件。
82%が1-2回の破砕治療で完治し、残りは経尿道的砕石術もしくは経皮的砕石術を併用。開放手術を要したものは0.01%以下と少ない。より侵襲の少ない治療を目指しているため内視鏡手術が年間160件と多く、前立腺癌や腎膀胱悪性腫瘍に対する根治術も良好の成績を上げています。

腹腔鏡下手術は腎、副腎腫瘍、腎盂形成術を含め60例に施行しさらに増加しています。

医療設備

体外衝撃波腎尿管結石破砕装置(第3世代ドルニエ社製)、前立腺高温度治療装置、CT、MRI、レーザー、超音波凝固装置、リソクラスト砕石装置

>>ロボット支援手術(daVinci・ダヴィンチ)についてはこちらをご覧ください。

担当医のご紹介

鍋島 義之
  • 泌尿器科部長
  • 鍋島 義之(ナベシマ ヨシユキ)
役職 泌尿器科部長
資格・専門医 日本泌尿器科学会・日本専門医機構泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
西日本泌尿器科学会評議員
日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
出身大学 福岡大学卒
  • 医員
  • 王丸 泰成(オウマル タイセイ)
役職 医員
資格・専門医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
出身大学 福岡大学卒
  • 医員
  • 井手 知子(イデ トモコ)
役職 医員
資格・専門医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
出身大学 大分大学卒
  • 非常勤
  • 大森 章男(オオモリ アキオ)
役職 非常勤
資格・専門医 日本泌尿器科学会専門医・指導医・評議員
日本腎臓学会専門医・指導医
日本エンドウロロジー・ESWL学会評議員
出身大学 長崎大学卒

外来予定表


※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください。