福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

救急科

福岡徳洲会病院 救急総合診療部(ER)の魅力

1.北米型ERシステム

・症例数

救急搬入件数は年々増加し、年間10,000件を超えています。全国で上位の搬入件数です。 当院ERの後期研修医およびスタッフは、ほぼすべての救急搬入患者・walk in患者のトリアージおよび初療に関わります。 ほぼすべての救急要請を受け入れており、救急要請の応需率は約99%です。

救急搬入患者年別推移(平成5年以後)

救急搬入件数(1日平均患者数)

・各科のバックアップ体制

当院ERは平成5年度から北米型ERシステムを導入しており、各科のバックアップ体制が確立されています。24時間のコンサルトが可能です。

夜間当直医師

  • 内科
  • 外科
  • 小児科
  • 循環器科
  • 脳外科
  • 産婦人科

夜間オンコール医師

  • 整形外科
  • 形成外科
  • 消化器内科
  • 麻酔科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 口腔外科
  • 放射線科
  • 透析
  • 心臓血管外科

独自のトリアージシステム

・トリアージナース、ER専属ナース

早くからトリアージナースを設置しており、そのQualityは高く保たれています。平成24年度からはCTAS・JTASに基づいたトリアージシステムを導入しています。

・ER専属薬剤師

平成24年度より、ER専属薬剤師が配属されました。救急搬入患者の常用薬の検薬・入力だけでなく、急性薬物中毒症例搬入時の治療法についてのディスカッションなどを行っています。救急医学会やチームカンファレンスにも参加し、救急医療の質の改善に寄与しています。

・ER専属の医療事務補助係

平成24年度より、2名の事務員が配属されました。現在、病名入力や書類の代筆などを行っています。今後も、業務の拡大を予定しています。

2.後期研修プログラム

基本的には自由な後期研修プログラムを自分で作ることができます。 徳洲会内外を問わず、様々な施設での研修をお勧めします。徳洲会の国内留学制度を使い、他院研修中の給与支払いが可能です。3年間のプログラムが基本ですが、1年から研修が可能です。

後期研修プログラムの例

完成されたER医を目指すA医師

3年目4年目5年目
・ER
・整形外科
・眼科
・他院ER・ER
・小児科
・耳鼻科

救急専門医を目指すが、胃カメラもできるようになりたいB医師

3年目4年目5年目
・ER・他院救命救急センター
・当院ICU
・消化器内科
・ER当直

救急専門医および総合内科医をめざすGeneralist思考のC医師

3年目4年目5年目
・ER・総合内科
・離島研修
・総合内科
・ER当直

将来は開業を目指す、家庭医思考のD医師

3年目4年目5年目
・ER
・離島研修
・総合内科・整形外科
・消化器内科

3.院外活動

以下、希望があれば院外の活動に積極的に参加いただけます。

  • 院内ICLSコースのインストラクター
  • 近隣の中学校でのBLS講習
  • 地域の防災訓練に参加
  • 医療講演への参加
  • メディカルラリーへの参加
  • 災害救助活動(TMAT)への参加

メディカルラリーへの参加

4.新病院に広大なERオープン(2014年9月~)

占有面積:約1250㎡(約43m×29m)

  • 救急搬入口11ベッド(精神科患者用防音室1個)
  • 新興感染症用搬入1個(除染スペース2箇所)
  • 観察室8床
  • 観察ユニット5床
  • 外来診察室6部屋
  • 128列CT、64列CT
  • ヘリポート

初療室(手術室)

初療室

観察ユニット(ER-ICU)

観察室

ヘリポート

5.集中治療センター(ICU,HCU)…20床

集中治療センターページはこちら

6.勤務体系

ER医師の勤務は1日3交代を基本としています。深夜勤務の翌日は完全Offとなります。

  • 日勤:8:00~17:00
  • 準夜:17:00~24:00
  • 深夜:24:00~8:00

希望に応じて日勤のみの勤務など、非常にフレキシブルに対応可能です。
ベッドフリーのシフト制ですので、出産後の女性医師も働きやすい環境です。
集中治療医も随時募集していますので、ERとICUの両方で働くことが可能です。

7.救急隊ワークステーション(2015年4月~始動)

春日大野城那珂川救急と協力し、ERに救急隊ワークステーションが設置されます。 重症の救急要請があった場合には救急医が同乗して現場に向かいます。

8.離島医療

9.教育・研究をライフワークにできる

日々の臨床の場だけでなく、様々な教育活動に参加することができます。
・ERカンファレンス(研修医対象、週1回)
30名ほどの研修医を対象に積極的にカンファレンスを行っています。
その内容は骨折の整復からグラム染色の見方まで多岐にわたります。

屋根瓦方式の教育体制

医師によるグラム染色、好酸菌染色

スタッフカンファレンス(ERスタッフ対象、週1回)
論文の抄読会、テーマに沿ったプレゼンテーションの練習など
EM Allianceの参加
当院ERは若手救急医のネットワークであるEM Allianceの参加施設として活動しています。

自画自賛(J&J)カンファレンスの開催

アメリカER研修

福岡ERでの勤務に合うのはこんなかたです。

  • 救急医療が好きな人
  • 開業前に救急を復習したい人
  • いろんな科の研修をしてみたい人
  • 集中治療の経験を活かしたい人
  • 僻地離島医療に関わりたい人
  • 救急専門医、集中治療専門医をとりたい人
  • ベッドフリーのメリハリの効いた生活を送りたい人
  • 子育てをしながら働きたい人(日勤のみの勤務可能)

私設ブログ
http://ameblo.jp/fukuoka-er/

10.担当医の紹介

永田 寿礼
  • 救急センター長
  • 永田 寿礼(ナガタ トシノリ)
役職 救急センター長
資格・専門医 日本救急医学会専門医
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会専門医
MC協議会委員
出身大学 自治医科大学卒
役職 集中治療センター センター長
資格・専門医 日本救急医学会専門医
日本集中治療医学会専門医
Infection Control Doctor
日本DMAT隊員
医学博士
出身大学 熊本大学卒
  • 救急科医長
  • 向江 徳太郎(ムカエ トクタロウ)
役職 救急科医長
資格・専門医 日本小児科学会専門医
日本救急医学会救急科専門医
出身大学 琉球大学卒
  • 救急科医長
  • 永田 武士(ナガタ タケシ)
役職 救急科医長
資格・専門医 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心臓インターベンション治療学会認定医
出身大学 大分大学卒
  • 救急科医長
  • 川原 加苗(カワハラ カナエ)
役職 救急科医長
資格・専門医 日本内科学会認定内科医
日本救急医学会救急科専門医
日本化学療法医学会抗菌化学療法認定医
日本中毒学会認定クリニカル・トキシコロジスト
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
日本救急医学会認定ICLS・BLSコースディレクター
JATECコース認定インストラクター
福岡県DMAT
出身大学 福岡大学卒
  • 救急科医長
  • 鈴木 裕之(スズキ ヒロユキ)
役職 救急科医長
資格・専門医 日本救急医学会専門医
プライマリケア学会指導医
日本DMAT隊員
TMAT instructor
ICLSディレクター
PALS、JATEC、JPTEC、ALSO、MCLS provider
EM Alliance文献班
出身大学 弘前大学卒
  • 医員
  • 福永 昌幸(フクナガ マサユキ)
役職 医員
資格・専門医 日本救急医学会専門医
麻酔科標榜医
JATEC instructor
出身大学 山口大学卒
  • 医員
  • 石井 泰(イシイ ヤスシ)
役職 医員
資格・専門医 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
緩和ケア研修会修了
出身大学 熊本大学卒
  • 医員
  • 宮井 仁毅(ミヤイ ヒトキ)
役職 医員
資格・専門医 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医制度研修医指導医
日本糖尿病学会専門医
出身大学 産業医科大学卒

11.準スタッフの紹介

  • 太田敦子(福岡大学筑紫病院、外科、病理部)
  • 木原孝治(木原内科クリニック院長、総合内科専門医)
  • 山口宗孝(松岡救急クリニック、循環器専門医)
  • 秋山和之(ひまわり病院副院長)
  • 井上太郎(岸和田徳洲会病院消化器内科部長、救急科専門医)
  • 水田博之(徳之島徳洲会病院副院長、内科学会指導医、プライマリケア学会指導医)
  • 田中太助(岸和田徳洲会病院消化器内科、救急科専門医)
  • 中村彰宏(岸和田徳洲会病院消化器内科)
  • 薬師寺泰匡(岸和田徳洲会病院救命救急センター)