福岡徳洲会病院
  • 文字サイズ
メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

小児科・新生児科

特徴・特色

  • 一般小児医療、救急小児医療、新生児医療と小児に関するあらゆる疾患に対応している。
  • 小児科専門医研修施設および周産期専門医研修施設としての認定を受けている。

症例数・治療・成績

入院患児数およびER搬入患児数の変遷

小児科 新生児科 ER救急搬入
小児例
救急搬入
総数
休日受診数
(平均/日)
2009 1,162 279 922 8,504 221.7
2010 1,312 318 1,010 9,645 142.4
2011 1,158 314 1,117 10,192 184.4
2012 1,123 355 1,135 10,242 183.9
2013 986 362 1,016 9,954 180.8
2014 1,017 371 1,176 10,487 176.0
2015 1,302 311 1,231 10,705 176.7
2016 1,133 380 1,221 10,012 173.0
2017 1,092 350 1,161 9,936 165.2
2018 1,010 306 1,146 10,132 156.5
2019 985 294 1,232 9,961 161.6
2020 684 293 809 9,227 164.2

入院患児数およびER搬入患児数の変遷

2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
熱性けいれん 408 447 481 394 381 466 540 534 507 496 522 296
てんかん、及び他に分類されない痙攣 84 137 137 187 116 108 120 142 146 101 98 90
感染症と推定される下痢及び腸炎 23 44 48 23 33 48 42 46 33 45 52 37
急性鼻咽頭炎
(風邪、感冒)
44 30 22 15 13 27 25 25 12 21 23 10
不明の発熱 10 24 27 40 41 39 38 25 18 27 13 19
便秘 23 40 21 12 26 23 36 25 21 20 32 13
インフルエンザ 77 3 18 13 11 17 19 27 27 26 35 8
気管支喘息 9 14 14 14 17 9 16 11 13 14 15 9
悪心及び嘔吐 14 21 13 16 30 19 21 18 20 16 16 23
急性閉塞性喉頭炎及び
喉頭蓋炎
9 14 19 17 6 12 12 27 9 6 18 12
消化管異物 3 10 18 16 18 18 20 13 12 9 17 15
気管内異物 4 8 8 3 3 6 3 5 3 5 1 7
タバコ及びニコチン 1 2 1 6 3 3 2 3 2 5 4 2
急性気管支炎、肺炎 3 3 22 30 14 7 19 19 20 45 33 10
総数 922 1,010 1,117 1,135 1,016 1,176 1,231 1,221 1,160 1,146 1,232 809
ERより
入院となった数
152 200 173 265 120 135 170 152 144 168 200 178
小児科入院総数 1,162
(0)
1,162
(6)
1,158
(8)
1,123
(3)
986
(1)
1,017
(2)
1,302
(7)
1,221
(6)
1,092
(2)
1,010
(0)
985
(1)
664
(0)

( )死亡

ER搬入症例(その他の緊急度の高い疾患)

2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
SIDS・ALTE(疑い症例も含む) 3
(3)
1
(1)
0
(1)
0 0 2
(2)
0 2 0 0 0 0
アナフィラキシー 5 11
(1)
10 13 10 16 21 16 25 14 28 32
溺死、死に至らない溺水 0 1
(1)
1 1 3 2
(1)
3 5
(1)
3 1
(1)
1
(1)
1
一酸化炭素の毒作用 1 0 1 0 0 1
(1)
0 0 0 0 0 1
心筋炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
不整脈 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0
Child Abuse(虐待(加害)による外因(溺水等)含む) 0 0 1
(1)
1 0 0 0 0 1
(1)
0 0 0
その他の疾患/不詳の死 1
(1)
3
(3)
7
(7)
3
(3)
2
(2)
6
(6)
4 6
(6)
4
(4)
4
(4)
0 1
(1)

( )死亡

1曜日あたりの平均患者数

曜日 外来患者数(前年数) 新患数(前年数) 紹介患者数(前年数) 新入院(前年数)
40.0(78.1) 4.9(8.3) 4.1(5.1) 1.9(3.6)
45.9(81.3) 6.6(11.7) 4.8(5.7) 1.7(3.8)
46.1(77.0) 4.6(8.8) 3.7(4.9) 1.8(4.1)
58.4(91.6) 5.7(10.9) 3.9(7.4) 2.0(3.6)
36.9(63.1) 4.8(6.9) 4.2(4.5) 1.4(3.5)
47.5(98.6) 9.9(15.6) 3.9(5.5) 2.3(4.5)
日・祝 164.4(161.6) 18.3(36.5) 0.7(1.3) 1.5(2.9)

月別の患者数

外来患者数
(前年数)
新患数
(前年数)
紹介患者数
(前年数)
入院患者総数
(前年数)
新入院数
(前年数)
紹介入院数
(前年数)
1月 3,316(4,563) 594(845) 111(93) 407(421) 85(75) 36(41)
2月 2,109(2,698) 299(385) 112(114) 403(376) 72(69) 40(37)
3月 1,604(2,630) 209(381) 107(160) 367(537) 54(90) 38(65)
4月 703(2,821) 75(537) 47(171) 264(508) 41(93) 23(50)
5月 656(3,175) 106(587) 46(154) 182(491) 25(71) 16(41)
6月 1,105(2,733) 131(433) 97(176) 353(529) 50(92) 30(51)
7月 1,399(2,629) 232(389) 99(159) 376(495) 60(85) 20(51)
8月 1,560(3,058) 275(521) 109(145) 253(525) 44(84) 26(37)
9月 1,300(2,596) 172(397) 89(136) 252(436) 39(76) 19(55)
10月 1,371(2,616) 172(364) 122(128) 401(460) 70(82) 29(51)
11月 1,586(2,668) 265(351) 105(130) 341(403) 56(75) 23(45)
12月 1,423(3,559) 223(615) 95(141) 352(498) 68(93) 25(47)
18,132(35,746) 2,753(5,805) 1,139(1,701) 3,951(5,679) 664(985) 325(571)

地域別 小児科紹介件数

地域区分 紹介件数 (前年数) (前年順)
1 春日市 234 (335) 1
2 福岡市 博多区 190 (275) 2
3 福岡市 南区 148 (210) 3
4 太宰府市 126 (128) 7
5 大野城市 102 (149) 5
6 粕屋郡 83 (146) 6
7 那珂川市 80 (110) 8
8 筑紫野市 76 (204) 4
9 那珂川市 80 (110) 8
10 福岡市 早良区
〔含福岡市急患診療センター〕
28 (37) 9
11 福岡市 城南区 13 (14) 12
12 福岡市 東区 11 (24) 10
13 福岡市 中央区 8 (19) 11
14 福岡市 西区 1 (2) 13
上記以外の福岡県内 14 (18)
福岡県外 25 (34)
合計 1,139 (1,705)

最近の小児科の実績

学会・研究会発表

第122回日本小児科学会学術集会

2019年4月19日~4月21日開催

ASOが高値であった一過性好酸球増多症の1例

福岡徳洲会病院小児科
佐々木 瑶、畠山 邦也

川崎病の発症時に胆石を認めた1例

福岡徳洲会病院小児科
百武 紘司、畠山 邦也

第18回九州川崎病研究会

2019年5月11日開催

川崎病総合情報共有システム(Kawasaki disease Integrated Information Sharing syatem : KAWA-ⅡSs)の開発

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

Medical Microbiology 2019

2019年5月20日~5月21日開催

Virus hunting : a new variant of torque teno virus identified in Kawasaki disease

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

第7回福岡大学筑紫病院・福岡徳洲会病院合同カンファレンス

2019年6月19日開催

著明な紫斑を呈し、DDSが有効であったIgA血管炎の14歳女児例

福岡徳洲会病院小児科
古賀 幹朗、畠山 邦也

一過性にAPTTが延長し、ループスアンチコアグラントが陽性であったCMV感染症の1例

福岡徳洲会病院小児科
小森 瑞恵、畠山 邦也

第33回日本小児救急医学会学術集会

2019年6月21日~6月22日開催

当科で経験した良性一過性門脈ガス血症5例の検討

福岡徳洲会病院小児科
辻本 直樹、畠山 邦也

骨髄炎の治療後に、尿管結石嵌頓による一過性の腎虚血と水腎症をきたした1例

福岡徳洲会病院小児科
杉 悠、畠山 邦也

第11回徳洲会グループ小児科部会症例発表会

2019年9月1日開催

B群溶連菌による化膿性髄膜炎の1例

福岡徳洲会病院小児科
石田 拓也、畠山 邦也

右上肢の腫脹と末梢血好酸球の増多をきたした6歳男児の1例

福岡徳洲会病院小児科
仲道 汐里、畠山 邦也

トスフロキサシン内服後の尿中結晶出現について

福岡徳洲会病院小児科
小森 瑞恵、畠山 邦也

当科で経験した良性一過性門脈ガス血症の検討

辻本 直樹、畠山 邦也

第39回日本川崎病学会学術集会

2019年10月25日~10月26日開催

川崎病の病因微生物に感染した際に川崎病を発症する確率を推定する

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

川崎病と小児感染症の感染強度地図を比較する

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

川崎病と小児感染症の超年周期を比較する

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

川崎病総合情報共有システム(Kawasaki disease Integrated Information Sharing syatem : KAWA-ⅡSs)の開発

福岡徳洲会病院小児科
渡邉 能久、長尾 吉郎

第8回福岡大学筑紫病院・福岡徳洲会病院合同カンファレンス

2019年11月20日開催

川崎病 病因検索へのメタゲノム・シーケンシングの応用;パイロットスタディとして

福岡徳洲会病院小児科
長尾 吉郎

肥満が原因の胆嚢ジスキネジアが疑われた13歳男児例

福岡徳洲会病院小児科
藤村 和弥、畠山 邦也

欠神発作の加療中に側胸部痛を訴えた女児例

福岡徳洲会病院小児科
畠山 邦也

原著論文

Journal of Medical Case Reports

Dynamic derangement in amino acid profile during and after a stroke-like episode in adult-onset mitochondrial diseas : a case report.

Nagao Y,

Clinical Case Report

An intubated 7-month-old infant with a retropharyngeal abscess and multiduring-resistant Streptococcus mitis.

Watanabe Y, Nagao Y, Hatakeyama K,

IJU Case Report

Formation of a calcium oxalate urethral stone in a 3-year-old boy due to hypocitraturia.

Nobhisa Kita, Yoshiro Nagao, Yoshiyuki Nabeshima,

担当医の紹介

平田 雅昭
  • 小児科主任部長
  • 平田 雅昭(ヒラタ マサアキ)
役職 小児科主任部長
資格・専門医 日本小児科学会専門医
出身大学 福岡大学卒
  • 小児科部長
  • 畠山 邦也(ハタケヤマ クニヤ)
役職 小児科部長
資格・専門医 日本小児科学会専門医・指導医
小児栄養消化器肝臓認定医
出身大学 群馬大学卒
  • 小児科部長
  • 山根 一郎(ヤマネ イチロウ)
役職 小児科部長
資格・専門医 日本小児科学会専門医
出身大学 九州大学卒
  • 小児科部長
  • 遠藤 久(エンドウ ヒサシ)
役職 小児科部長
出身大学 山口大学卒
  • 小児科部長
  • 中村 公紀(ナカムラ マサトシ)
役職 小児科部長
資格・専門医 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児学会周産期専門医(新生児)・代表指導医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター
出身大学 福岡大学卒
  • 小児科医長
  • 長尾 吉郎(ナガオ ヨシロウ)
役職 小児科医長
資格・専門医 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本医師会認定産業医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
PALS Provider
バイオインフォマティクス認定技術者
出身大学 大阪大学卒
  • 医員
  • 大久保 裕恵(オオクボ ヒロエ)
役職 医員
資格・専門医 日本小児科学会専門医
出身大学 弘前大学卒
  • 医員
  • 西村 良美(ニシムラ ヨシミ)
役職 医員
資格・専門医 日本小児科学会専門医
出身大学 熊本大学卒
  • 医員
  • 渡邉 能久(ワタナベ ヨシヒサ)
役職 医員
資格・専門医 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
PALS Provider
出身大学 熊本大学卒
  • 医員
  • 安田 翔子(ヤスダ ショウコ)
役職 医員
資格・専門医 日本小児科学会専門医
出身大学 信州大学卒
  • 医員
  • 喜多 修久(キタ ノブヒサ)
役職 医員
出身大学 熊本大学卒
  • 医員
  • 松川 格(マツカワ イタル)
役職 医員
出身大学 琉球大学卒
  • 医員
  • 山口 拓洋(ヤマグチ ヒロミ)
役職 医員
出身大学 福岡大学卒
  • 非常勤
  • 村松 和彦(ムラマツ カズヒコ)
役職 非常勤
資格・専門医 外国医師臨床修練指導医
出身大学 九州大学卒

外来予定表

※休診については、トップページの休診のお知らせをご参照ください